2011年7月

戸別所得補償制度『規模拡大加算』について

 平成23年度から農業者戸別所得補償制度加入者が、むなかた地域農業活性化機構の調整により、面的集積(連担化)をした農地の面積に対して、2万円/10aが交付されます。

 詳しくは、むなかた地域農業活性化機構までお問い合わせください。

 

 まずは、こちらをクリック →→ 規模拡大加算チラシ.pdf

 

集落営農法人化合同勉強会を開催しました。

7月6日、域内で法人化を目指して発起人会を設置している2組織(野坂集落営農組合、曲集落営農組合)の構成員を対象として、法人化に向けた合同勉強会を開催しました。

参加した15人の構成員からは、講師として招いた半田正樹税理士に対して、現有機械利用組合の整理・統合に関することや構成員への配当方式に関することなど、さまざまな質問が出され、法人化に向けての知識を深めました。

当財団では、今後も集落営農組織の設立や法人化を積極的に支援していく予定です。

CIMG1261.JPG

8月2日シンポジウムを開催します。

宗像市・福津市農政合同シンポジウム「私たちの食生活と農業"inむなかた地域"」を開催します。

 

日時:平成23年8月2日(火) 午後1時30分開場 午後2時開演
会場:宗像ユリックスハーモニーホール
主催:一般財団法人むなかた地域農業活性化機構

 

シンポジウムでは、長年にわたり地域農業の発展に尽力されている中村学園大学流通科学部教授の甲斐 諭先生に基調講演していただきます。

続いて、宗像市長、福津市長、JAむなかた組合長などのパネリストを交え、私たちの食生活とむなかた地域の農業の未来について議論を深めます。

また、アトラクションとして、福岡教育大学大学院音楽科出身のオペラ歌手、井野翔子さんによる独唱もご鑑賞いただけます。

入場無料、事前申し込み不要です。

詳しくは、以下の案内チラシをご覧ください。

 

私たちの食生活と農業inむなかた地域.pdf