2012年3月

はじめてみませんか? 農業体験農園

 宗像市内の農業体験農園等が、平成24年度の利用者を募集します。

 農業体験農園は、農家の指導のもと指定された畑の区画で野菜を育てる農園です。

 種、苗、肥料、農具レンタルも料金に含まれていますので、ご家族や友達と一緒に手ぶらで農園に通って、楽しくおいしい野菜づくりを楽しむことができます。

 場所:宗像市内3か所

   ①ダンディ幸一農園(宗像市大井278)

   ②正助にこにこ農園(宗像市武丸199)

   ③瀧産の体験農園元気村(宗像市名残1310-1)

 期間:平成24年4月から平成25年1月まで

 栽培品目:トマト、なす、きゅうり、ピーマン、枝豆、インゲン、ニンジン、ごぼう、ブロッコリー、小松菜など約20種類(予定)

 料金:1区画40,000円(約30㎡)

 募集区画:各40区画(合計120区画)

 説明会:3月25日(日)に説明会を開催します。詳しくは以下のファイルをご覧ください。

 農業体験農園.pdf

 

若手女性農業者研修交流会を開催しました。

 3月2日(金)、ぶどうの樹(岡垣町)において、域内の若手女性農業者を対象とした研修交流会を開催しました。

 本研修交流会は、日頃から地域の基幹的な担い手農業者、またはそのパートナー等として努力されている女性農業者の研鑽、相互交流、情報交換の場を提供するために開催しているものです。

 今回は講師として福岡県女性農村アドバイザーOBの寺嶋八千代さんをお招きし、「我が家の農業経営と農村女性活動について」と題してご講演をいただきました。

 参加された15名の女性農業者のみなさんは、「地域の役員やアドバイザーなどの依頼があったらチャンスだと考えて、積極的に引き受けて頑張ってほしい」など講師からのメッセージに熱心に耳を傾けていました。

P1020843.jpg

農家の方も労災保険に加入できます。

JAむなかたと提携している農業労災事務センターが、労災保険特別加入(指定農業機械作業従事者)の案内、手続き代行等の業務を開始しました。

労災特別加入制度は、自営農業者の方でも、一定の要件を満たせば農作業中のケガや病気を補償する国の労災保険に加入できる制度です。

 

詳しくは、特別加入パンフレット.pdf をご覧ください。

 

お申し込み、お問い合せ:

JAむなかた営農企画課(0940-36-2374)