2013年7月

特産品開発を支援します!

むなかた地域(宗像市・福津市)の農業振興、観光振興に寄与するため、

むなかた地域産農産物を主材料とした、新しい地域特産品を研究開発

しようとする団体等を支援します。支援の概要は次のとおりです。

 

●応募資格   宗像市又は福津市内に住所を有する個人、団体又は法人

●助成対象要件

 ①むなかた地域(宗像市・福津市)産農産物を主材料としていること。

 ②新たに開発する商品であること(既存商品の改良でも可)。

 ③同一内容の事業で、他の助成金等の交付決定(内定)を受けていない

  こと、及び申請年度中に受ける予定がないこと。

●助成内容

 予算の範囲内で、事業実施に必要な経費に対して助成します。

 (上限20万円)

●応募方法

 必要書類を(財)むなかた地域農業活性化機構へ提出してください。

●応募締め切り   平成25年9月12日(木)17時必着

●審査・実績報告会

 むなかた地域農業活性化会議流通販売振興担当者会で、

 申請内容について発表していただきます。

 また、事業実施後は、関係書類の他、写真、成果品を提出

 のうえ、事業の成果等を報告していただきます。

 

 ↓ 詳しくはこちらをご覧ください 

募集要項.pdf

交付要綱.pdf

申請書等様式.doc

支出簿.xls

むなかた地域新規就農研修がスタートしました。

 7月5日(金)、正助ふるさと村において、平成25年度むなかた地域新規就農研修開講式が行われ、3人の受講者が出席しました。

 本研修は、むなかた地域の次世代の地域農業を担う本格的な農業者を育成するため、およそ2年間にわたり、露地野菜を中心とする栽培技術や農業に関する基礎知識、農産加工品製造、販売に関する技術習得を図るものです。

 第1期生となった3人は、「地域の中心的な担い手になり、ふるさとの農地を守りたい」「いずれは仲間と法人化して、大規模な農業をやりたい」など、それぞれの意気込みを語りました。 

P1010693.jpg※向かって左側から、灘谷さん(研修生)、宮部代表理事、佐藤さん(研修生)、森さん(研修生)、吉武講師