2013年12月

農政関係者との意見交換会を開催しました

12月20日(金)、福津市認定農業者協議会が「農政関係者」との意見交換会を

開催しました。進め方は、

①認定農業者の参加者(今年は15名)が、3グループに分かれて意見交換を

 行い

②各グループの代表者が、市長をはじめとする来賓の方々へ、地元農業の課題

 などを発表

③来賓の方々からグループ発表の感想を伺う

という方法で行いました。

どのグループでも「根こぶ病」「有害鳥獣」「食育」などをテーマにした活発な

意見交換が行われ、ご多忙な中、お越しいただいた20名の来賓の方々も

グループ発表を熱心に聞いてくださいました。

最後に、来賓の方々から認定農業者の人たちへ貴重なご意見もいただき、

有意義な1日となりました。

 

【まず最初に、認定農業者の人たちが3グループ分かれて意見交換】

グループ協議.JPG

 

【グループごとに来賓の方々へ発表】

発表.JPG

 

【来賓の方々から貴重なご意見をいただきました】

来賓感想.JPG

 

ブロッコリー簡易調製所実証事業を始めました。

 当財団がJAむなかたと共同で取り組んでいる農作業ヘルパー事業の一環として、ブロッコリー簡易調整所(パッケージセンター)の実証事業をスタートしました。

 来年3月末にかけて、6人の農作業ヘルパーさんが交替でグリーンセンター津屋崎支店に集まり、管内の農家さんが持ち込んだブロッコリーの調製及び箱詰め作業を行います。

 当財団では、当該事業を通じて、管内ブロッコリー農家の経営規模の拡大を後押ししていきます。

 

 JAむなかたブロッコリー部会の花田健部会長から、指導を受けている様子

P1020616.JPG

規格目合わせ会で等級の判断を学んでいる様子

P1020627.JPG