視察研修に行ってきました

宗像市・福津市認定農業者協議会は、10月30日(木)から31日にかけて視察研修に行ってきました。今年の行き先は熊本県で総勢29人(宗像市15人、福津市14人)の参加でした。

まず向かったのは、塩トマトで有名な八代市のJAやつしろ南部館。選果場にてトマトの選別工程を説明していただき、圃場の見学をさせてもらいました。その後、教室で説明を受け、質問に丁寧に答えていただきました。

次に向かったのは、熊本県農業研究センター。まずセンターの概要の説明をしていただいた後、「最近の水稲病害虫の傾向と対策に関する研究成果」について説明を受けました。稲作をするうえで避けては通れない問題だけに皆さん興味津々。質問にも丁寧に答えていただき、その後は広大な圃場の一部を見学させていただきました。

二か所ともお忙しい中にも係わらず、視察を受け入れていただき、有意義な研修となりました。

トマト選果場

トマトの圃場(ビニールハウス)

熊本県農業研究センターのサムネール画像

むなかた地域農業活性化機構では、認定農業者を中心とする農業経営の改善を支援するため、今後も先進地視察を実施します。