2017年8月

ふくつほほえみグループが視察研修を行いました。

8月18日(金)、ふくつほほえみグループ(女性農業者グループ)が視察研修を行いました。


今回の視察研修では、福岡市城南区の(株)中原採種場と、糸島市の太陽の皿、伊都安蔵里(いとあぐり)を訪問しました。
まず、中原採種場では試験ほ場の視察を行いました。また、担当者から会社の取組みやおすすめの品種などの話をしていただきました。

 

 

P1070838.JPGP1070847.JPG

 

 

 

 

 

 

 


参加者は熱心にメモを取ったり質問をしたり、設定した時間が足りないほどでした。

 

 

P1070868.JPGP1070869.JPG

 

 

 

 

 

 

 


 

次に訪れたのは、糸島市にある太陽の皿。こちらでは地元の農産物をたっぷり使ったおしゃれなランチに、舌鼓を打ちました。


 

P1070870.JPGP1070871.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の訪問先は、醸造所を改装した直売所の伊都安蔵里。地元の野菜や加工品がたくさん並ぶ直売所を見学しました。


 

P1070873.JPGP1070880.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心もお腹もいっぱいになる、視察研修でした。

「親子で体験!米粉ピザ&プリンづくり」イベントを開催しました。

8月4日(金)、宗像市河東コミュニティセンターにて、「親子で体験!米粉ピザ&プリンづくり」を開催しました。


これは、宗像育ちシリーズの1つで、最近注目されている米粉のPRと、地元農産物の魅力を再発見してもらうことを目的に、はじめて親子向けに企画したものです。


当日は、宗像市や福津市を中心に17組39名の参加があり、講師の瀧口 雄貴氏(JAむなかたふれあい生活課)の指導のもと、一生懸命にピザの生地をこねる子どもたちの姿、また、保護者のみなさんの子どもたちに対する、はらはらしつつもあたたかい表情が印象に残りました。

 

 

P1070775.JPGP1070779.JPGP1070785.JPGP1070801.JPGP1070807.JPG

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来立てのピザをほおばる子どもたちの笑顔はキラキラしていて、まさしく「ふるさとの宝物」でした。


この宝物を守っていくことが、農業や農業に関わる大人の使命であると、再認識できました。

 

 

P1070813.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本イベントについて、事務局の想定を大きく上回るお申し込みをいただきました。同時に、多くの方々を定員オーバーのためお断りすることになってしまいました。誠に申し訳ありませんでした。むなかた地域農業活性化機構では、今後もさらに魅力的なイベントを開催できますよう努力してまいります。ぜひまた、次回ご参加いただけたら幸いです。

福津市認定農業者協議会が農政関係者と意見交換会を行いました。

8月2日(水)、福津市役所別館1階大ホールにて、福津市認定農業者協議会主催「農政関係者との意見交換会」が開催されました。



福津市認定農業者協議会会員21名、農政関係者19名の参加がありました。

 

はじめに、協議会会員が2つの班に分かれ、あらかじめ決められていたテーマに基づいて自由に議論を交わし、農政関係者に対しての意見をまとめました。



P1070752.JPGP1070753.JPG    

 

 

その後、農政関係者を交えての意見交換会では、それぞれの班から議論の結果と意見が示され、また、農政関係者もその意見に対し真摯に回答されていました。

 

P1070761.JPGP1070763.JPGP1070764.JPG

 

 

P1070765.JPGP1070766.JPGP1070767.JPG

 

 

 

 

熱い意見交換会の後は、会場を移動し懇親会となりました。



口も滑らかになり、よりリアルな話を交えながら、時間いっぱい意見交換や懇談を行いました。

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ