高収益作物次期作交付金実績報告書の提出について。

高収益作物次期作支援交付金の申請をされた皆様へ

 

農業者の皆様方におかれましては、むなかた地域の農業振興に大変なご尽力を賜っておりますことに深く感謝申し上げます。

高収益作物次期作支援交付金を申請されました農用地につきまして、申請されたすべてのほ場で2つの取組が完了された申請者の方は、必要書類(下記参照)をご持参の上、申請をお願い致します。

【実績報告時の必要書類】

1.高収益作物次期作支援交付金実績報告書(別紙様式第8-1号)

2.取組実績報告書(別紙様式第8-2号)

3.当初申請したほ場の“定植・収穫開始時”の写真(ほ場ごとに必要)

 (注)写真は印刷してご持参下さい。写真に撮影日を印字するか、裏面に撮影日を明記してください。また、裏面に「ほ場地番」も明記して下さい。

4.作業日誌(取組日時や取組内容が記載されたもの)

 ※JA生産部会で、農薬防除履歴簿・肥培管理簿などがある場合は、そちらをご持参下さい。

5.肥料・農薬等の領収書(参考資料1を参照)

6.施設花きは、施設に設置された“加温設備”や“かん水施設”が確認できる写真

7.追加措置を申請された方は、機械・資材等の領収書または納品書等の写し、および資材の使用量の増加分がわかる資料(作業日誌、前年の購入伝票等)

 

2月26日(金)までの期間で実績報告に来られる日時を事前にご連絡下さい。

面積等、申請内容に変更が生じた場合など、気になる点がありましたら、事前にお問い合わせください。(他に書類が必要になることがあります)

 

【様式】

(手書き用)実績報告書.pdf  (入力用)実績報告書.xlsx

        請求書.pdf           請求書.xls

        宣誓書.pdf           宣誓書.docx

(記入例) 実績報告書(記入例).pdf

農業体験農園の説明会を開催します。

ウィズコロナの時代、「3密」になりにくいレジャーとして注目を集める「農業体験農園」。

 

むなかた地域の農業体験農園2園が、令和3年4月からの利用者募集のため合同説明会を開催します。

 

青空のもと、農作業に汗を流して元気な身体を手に入れましょう!

さらに、収穫した美味しい野菜で充実の「おうち時間」を過ごしてみませんか。

 

日時:令和3年3月13日(土)10時~(1時間程度)

場所:宗像市役所北館202会議室

内容:農業体験農園の紹介、利用申し込みについて、質問タイムなど

定員:先着15名

締め切り:令和3年3月10日(水)

お申し込み:(一財)むなかた地域農業活性化機構 0940-36-7883

 

参加予定農園

①ダンディ幸一農園(大井)

ダンディ幸一農園から眺める四塚.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

②瀧産の体験農園元気村(名残)

光が差し込む元気村.jpg

ふくつほほえみグループが視察研修会を行いました。

1月21日、福津市女性農業者の集まり「ふくつほほえみグループ」は、JAむなかたのパッケージセンター(以下PC)の視察研修を行いました。

コロナ禍(非常事態宣言)の中で開催を迷いましたが、十分な健康管理のもと、短時間で視察研修を行いました。

 

まずJAむなかた本店の会議室で、PC運営課の 小田 誠 課長からPCの建設経緯から現状まで、45分程説明いただきました。

小田課長の分かりやすい説明とざっくばらんな性格で、質問や意見も飛び交い、あっという間のひと時でした。

DSCN3298.JPGDSCN3301.JPG

その後、30分程PCを視察しました。

DSCN3307.JPGDSC_0000_BURST20210121120509466_COVER.JPG

受け入れて下さいましたPCの皆様、本当にありがとうございました。

例年であれば、昼食等をとりながら研修で学んだ成果を深めるところですが、今年度は我慢。

早く、以前のようにゆっくり楽しく交流できる日が来ることを願います。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ