「枝豆狩り交流会」が開催されました!

10月13日(土)、宗像市認定農業者協議会主催による『枝豆狩り交流会』が、宗像市牟田尻の大豆畑で開催されました。


9月末から台風の接近が続き、天候が心配されましたが、当日は爽やかな秋晴れに恵まれました。


今年は、宗像市内外から700人以上の参加をいただきました。

 

参加した皆さんは、認定農業者や農業委員の皆さんから枝豆の狩り方や結び方を教わり、大きな枝豆の束を抱えて畑を後にしていました。

 

当日は、大豆の加工食品「テンペ」や姫神みかんの販売もあり、秋の実りを楽しんでいました。

 

秋空農家さんと一緒に枝豆狩り家族で枝豆狩りにチャレンジ

本日の枝豆狩り交流会は予定通り開催されます。

本日<10月13日(土)>の、宗像市認定農業者協議会主催の枝豆狩り交流会は、予定通り開催されます。

詳細につきましては、9月12日発信の「枝豆狩り交流会に参加しませんか?をご覧ください。

皆さまのご来場をお待ちしております。

宗像市認定農業者協議会、宗像地区集落営農組織連絡協議会の合同研修会が開催されました。

9月21日(金)、JAむなかた本店にて、宗像市認定農業者協議会と宗像地区集落営農組織連絡協議会との合同による研修会が開催されました。

 

本年度は、講師として大野城まどかぴあ館長である林田スマ氏をお招きし「 食と農 ことばとこころ 」という演題のもと、講演していただきました。

 

当日は宗像市認定農業者協議会から26名、宗像地区集落営農組織連絡協議会から10名の参加がありました。

 

講演会に先立ち、宗像市認定農業者協議会の深田 仁会長から「農業を営むうえで大切な食についてのことや家族のことなど、いいお話を聞いてこころを耕したい。」とあいさつがありました。

 

講演では、農業について消費者の視点や家族の視点など様々な角度からお話をしていただきました。

参加者は林田スマさんの様々な経験も交えたお話に引き寄せられ、充実した90分間となりました。

 

講演の終わりには、宗像地区集落営農組織連絡協議会の吉永会長からお礼のことばと今年の新米が贈られました。

深田会長あいさつ.jpg講演①.jpg講演②.jpg吉永会長お礼のことば.jpg

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ